河本の実験室

河本が作ったものを紹介するブログです。こっち(https://kawalabo.blogspot.com/)から移転してきました。ポートフォリオ: http://俺.jp

Plateauを使って「富士山🗻が見える場所マップ」を作ろう

急に街歩いてて「富士山見てぇ!」となることありませんか?僕はしょっちゅうあります。そんな時のために、富士山が見える場所を速やかに探せる地図を作ってみました: wherecaniseefuji.web.app 本稿は「Plateauのデータで遊んでみたい!」「GISデータを使…

2020年に作ったもの13選

今年も仕事の外で沢山作りました。気に入ってるものや話題になったものを少しまとめます。大体が「話題になったけどその後放ったらかしにしちゃいました」で終わってます。ごめんなさい頑張ります。 2019年のまとめ 2015年のまとめ 2014年のまとめ 2013年の…

売り物に一度も手を触れずに作品販売するためのgraphic+STORES倉庫連携ガイド

思いつきで作った作品がバズったので数千冊販売したいが、家を在庫だらけにしたり梱包作業したりしたくない人(=私)のための備忘録です。 なぜ自宅で配送作業をしたくないかというと、単純に自分の品質管理能力に自信がないからです。 絶対家に在庫置いて…

河本の実験室の2019年まとめ

今年もたくさん作ったので、特に話題になったものをまとめます。 河本の実験室・2015年のまとめ 河本の実験室・2014年のまとめ 河本の実験室・2013年のまとめ 1月・AR Sensor スマホで測ったWifi電波強度などのセンサーデータを3次元空間上に可視化すること…

「いま撮ってればよかった!」を無くす、さかのぼり屋内カメラを作った

子供と遊んでいると、予測不可能なタイミングで面白い事を言ったり、可愛い顔したり、初めて歩いたりします。そんなとき「カメラ回してればよかった!」と嘆いたことのある親は私だけではないはず。 そこで、事後にGoogle Homeに向かって「OK Google、いまの…

つまらない安全講習ビデオをディープフェイクで「自分ごと化」する

安全講習のビデオってつまらないですよね。 免許の更新、社内のeラーニング、飛行機の離陸時など、様々な場面で僕らは講習ビデオを見させられます。 いくら役者さんが迫真の演技で危険な場面を演じても、僕みたいに共感力が薄い人間にはどうしても「他人事」…

「見せたい人にしか見えない注意書き」を色々作ってみた

見せたい対象者以外には見えない注意書きを一人ブレストして5つほど試作してみた、という話です。 なんで? その1:フラッシュを焚くと怒る展示台 その2:ヘッドライト無点灯だと怒る看板 その3:撮ろうとすると怒るTシャツ その4:搭乗時間が近づくと…

「ポケットに入れたままメールを読む」を実現する『モールス通知』を作った

こんなアプリを作りました:モールス通知いろんなアプリの通知を文字や音ではなく「振動」で伝えるAndroidアプリです。モールス信号が分かる人なら、訓練すればポケットに入れたままメールが読めるようになるはず。動画を見ると雰囲気が分かると思います:歩…

「これ部屋に置いたらどんな感じ?」を秒速で可視化する「ARで見る」を作った

前回に続きまたARアプリを作りました:ARで見る 文字で書かれた数量(大きさ、体積など)を一瞬でARで可視化する便利アプリです。先週作ったアプリなので僕のTwitterを見てる人は今更感あるかもしれないですが、作るにあたって考えたこととかを少し整理させ…

見えない空間データを可視化する「AR Sensor」を作った

(今回から河本の実験室の記事は、こっちに書くことにしました。そのうち過去記事も移転します。) "AR Sensor"というアプリを作りました。 データをARで投影することで、普通は見えない日常の中の様々な空間データを見えるようにするツールです。 例えばこ…